« イタリアの若者:政治への関心強し | トップページ | テンプル騎士団は異端ではなかった »

2008年8月21日 (木)

刑務所、外国人入所者増える

Carceri イタリアの刑務所に外国人の入所者が増えている(8月21日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

2007年に新たに入所した9万4000人のうち、4万5000人以上が外国人であった。ほぼ半数である。

2008年7月31日現在で、刑務所の人口は5万5250人。

1980年代には外国人の比率は5%であった。1990年代に15%に上昇し、2008年には38%にまでなっている。

2008年6月現在で、刑務所に入所している外国人は2万175人。そのうち、判決を待っている人が1万3184人、刑が確定している人が6991人である。

被拘留者(detenuti, 入所者)の出身地は123カ国にわたる。そのうち、上位7カ国で66%をしめている。

1 モロッコ
2 アルバニア
3 ルーマニア
4 チュニジア
5 アルジェリア
6 旧ユーゴスラビア
7 ナイジェリア

何の容疑で捕まったか(通告されたか、contestato)は、EU圏外の人と、EU内の人で比率が異なる。

EU圏外(extracomunitari)

麻薬  30,6%
対財産  24,7%
対人   17,2%
対行政  5,7%
外国人法 5,7%
武器   4,5%
売春   1,6%

EU圏内(そのうち、73%はルーマニア人)
対財産  44,1%
対人   25,8%
麻薬   7,5%
対行政  4,0%
武器   3,2%
売春   3,1%
公安   2,9%

ボッシ・フィーニ法にもとづき、国外退去にしうる入所者は4500人。2007年に国外退去のため出所したのは282人。2008年の同様の人は、6月までで158人、となっている。国外退去の実施の困難さ、不可能さが、刑務所の過剰人員の原因となっている。

|

« イタリアの若者:政治への関心強し | トップページ | テンプル騎士団は異端ではなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42231490

この記事へのトラックバック一覧です: 刑務所、外国人入所者増える:

« イタリアの若者:政治への関心強し | トップページ | テンプル騎士団は異端ではなかった »