« 大蝋燭の行進、カロッチョ復活 | トップページ | ヴァティカン:「ファミリア・クリスティアーナ」はわれわれの路線を表すものではない »

2008年8月15日 (金)

第四試走、実施

Quarta_prova_2008_8 8月のパリオの第四試走が、15日午前9時すぎに、カンポ広場で実施された。

1周目のサン・マルティーノと呼ばれるカーブで、アクィラ(鷲)地区の騎手ティブルツィが落馬した。馬はイロン。

イロンは、元気よく三周をゴール直前までトップで走った。

パリオでは、騎手が落馬した場合でも、一位で走りきった場合は優勝となる。過去にも、騎手なしの馬(scosso) が優勝した例は、少なからずある。

第四試走で勝ったのは、タルトゥーカ(亀)地区のエリミア(馬)とトレッチョリーノ(騎手)。

|

« 大蝋燭の行進、カロッチョ復活 | トップページ | ヴァティカン:「ファミリア・クリスティアーナ」はわれわれの路線を表すものではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42175569

この記事へのトラックバック一覧です: 第四試走、実施:

« 大蝋燭の行進、カロッチョ復活 | トップページ | ヴァティカン:「ファミリア・クリスティアーナ」はわれわれの路線を表すものではない »