« ロジータ・コピオーリ:詩集《忠実な郵便配達人》 | トップページ | 保育園が足りない »

2008年8月29日 (金)

ヴェネツィアのカラトラーヴァ橋の開通式キャンセル

Calatrava7 ヴェネツィアのカラトラーヴァ橋の開通式が中止になった(8月26日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

当初、開通式は9月18日に、大統領臨席のもと、実施が予定されていたが、論争や抗議が強く、市長マッシモ・カッチャーリは中止を決定した。

カラトラーヴァ橋はカラル・グランデ(大運河)にかかる4本目の橋である。他は、リアルト橋、アカデミア橋、スカルツィ橋。

反対や抗議の理由としては、橋の建築に時間がかかりすぎた(プロジェクトは12年前に遡る)、コストがかかりすぎた(470万ユーロのはずが、約2000万ユーロかかった)、障害者への配慮がない(車椅子や赤ん坊のバギーが通る通路がない)など。

橋は長さ81メートル、幅は端が6メートル、中央部分では9メートル。踏み段や欄干などが透明であることが大きな特徴である。

カラトラーヴァは57歳、バレンシア出身。

|

« ロジータ・コピオーリ:詩集《忠実な郵便配達人》 | トップページ | 保育園が足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42317848

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェネツィアのカラトラーヴァ橋の開通式キャンセル:

« ロジータ・コピオーリ:詩集《忠実な郵便配達人》 | トップページ | 保育園が足りない »