« テンプル騎士団は異端ではなかった | トップページ | 自動車の検問で、麻薬検査導入か »

2008年8月23日 (土)

農業は元気

Agricoltura イタリア経済は停滞しているが、農業分野は成長を見せている(8月22日、コッリエーレ・ディ・セーラ)。

第一四半期(最初の3ヶ月)が前の四半期(3ヶ月)に対し、6,9%の成長となっている。これは工業分野の0,06%の成長、サービス分野の0,2%と比較するとその大きさが良く判る。

この数字は Istat による速報値であり、確定値ではない。

他の分野が0成長またはマイナスとなっているなかで、この成長の秘密はどこにあるのだろう。Confagricoltura (Confederazione Generale dell'Agricoltura 農業総同盟)の会長フェデリーコ・セッキオーニによると、近年、農業の経営者が変わり、商業化したことがある。それが顕著なのは、ブドウーブドウ酒製造、ミルクーチーズ製造、菜園ー果物の分野である。

変化が遅いのは穀物の分野。

ヨーロッパの諸国と較べても、イタリアの1ヘクタールあたりの生産性は高い。アメリカの3倍以上で、イギリスの二倍、フランスやスペインより70%多い。これは品質と卓越性のゆえである。

イタリアは2つの点で、ヨーロッパの農業をリードしている。1つは、バイオロジカルな農業。約5万の経営者が100万ヘクタールで、171の原産地呼称または表示(prodotti a denominazione o indicazione di origine protetta)の農産物を産出している。ワインの場合、487のワインがDoc,Docg,Igtの指定をうけている。

|

« テンプル騎士団は異端ではなかった | トップページ | 自動車の検問で、麻薬検査導入か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42244529

この記事へのトラックバック一覧です: 農業は元気:

« テンプル騎士団は異端ではなかった | トップページ | 自動車の検問で、麻薬検査導入か »