« 快速500 アバルト | トップページ | 公務員ストへ »

2008年7月21日 (月)

教皇:小児虐待の司祭は裁判へ

Ben180x140_2 Condom_2   

小児(性的)虐待の司祭は、裁判にかけられるべきだとベネデット16世は宣言した(7月20日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

ベネデット16世は、この pedofilia (児童への性的虐待)に関し、アイルランド、アメリカ、オーストラリアの司教から報告を受け、厳しい判断をくだした。

教皇は、3段階に渡ってこの問題に対する態度を厳しくしてきた。第一は、2006年10月にアイルランドの司教団と接見したときである。このときに「おそろしい犯罪」について言及があり、二度と繰り返されぬための措置が必要であるとした。

第二は昨年4月のアメリカ合衆国訪問で、「深刻な恥辱」という言葉が用いられた。第三は昨日で、罪人は裁きを受けねばならないことが確認された。また、犠牲者と苦しみをともにするとしている。

イタリアでは1996年から2006年の間に、17人が有罪判決をうけ、22人が起訴されている。

アメリカでは、1950年から2002年の間に、4392人が告発されている。司祭の数は10万9000人あまりである。告発された司祭の81%は同性愛者である。

ブラジルでは、2005年から2006年にかけて、1700人の司祭が、暴行、乱痴気騒ぎ(orge)、麻薬使用で告発された。

多くの例が、イギリス、フランス、クロアチア、アイルランドでも報告されている。

シドニーでは数百人の反教皇のデモがあり、デモ参加者は、コンドームを路上で配った。

|

« 快速500 アバルト | トップページ | 公務員ストへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41915610

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇:小児虐待の司祭は裁判へ:

« 快速500 アバルト | トップページ | 公務員ストへ »