« 2009年は特別パリオか | トップページ | 教皇、G8に呼びかけ »

2008年7月 8日 (火)

裁判中止をめぐる攻防

Alfano 政府の裁判に関する法案で与野党の攻防が激しさをましている(コッリエーレ・デッラ・セーラ、7月6日)。

法相アルファーノ(写真)の調停案では、4つの職責、大統領と首相、上院および下院議長に対しては、裁判を起こすことができないというものである。

野党が特に反対しているのは、裁判の中止で、刑法で刑罰が10年以下のものは、一年間裁判を中止するという案である。

カルデローリの調停案は、アルファーノ案はすぐに通して、その代わりに、裁判中止は断念するというもの。野党民主党のリーダー、ヴェルトローニは評価しているが、ベルルスコーニは、今のところ、カルデローリ案にそって野党と交渉する姿勢は見せていない。

|

« 2009年は特別パリオか | トップページ | 教皇、G8に呼びかけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41769886

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判中止をめぐる攻防:

« 2009年は特別パリオか | トップページ | 教皇、G8に呼びかけ »