« ドラーギ総裁:減税で成長へ | トップページ | ポッリーニ:モーツァルトのピアノ協奏曲12番&24番 »

2008年7月 4日 (金)

若者の飲酒、増加

Alcol

イタリアの若者の飲酒が増加している(コッリエーレ・デッラ・セーラ、7月3日)。

14歳から17歳の若者で、週に一回はアルコールを摂取するものは、1998年の5,1%から2007年の7%へと増加した。

女性では特に増加が著しく、18-19歳では、1998年の53,7%から60,9%に増加し、20―24歳では、58,4%から63,2%に増加している。

昨年、前政府の健康大臣リヴィア・トゥルコは、アルコール飲料を買える最低年齢を16歳から18歳に引き上げる案を出したが、そのままになってしまった。現政府内でもこの案が検討されている。

|

« ドラーギ総裁:減税で成長へ | トップページ | ポッリーニ:モーツァルトのピアノ協奏曲12番&24番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41730786

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の飲酒、増加:

« ドラーギ総裁:減税で成長へ | トップページ | ポッリーニ:モーツァルトのピアノ協奏曲12番&24番 »