« 再建共産党の歴史 | トップページ | マリーサ・メルリーニ、死去 »

2008年7月30日 (水)

大学の寮が足りない

Camera2_2

イタリアの大学生の数は、約180万人。それに対し、キャンパス内外で提供されている寮のベッド数は約5万で、約2,7%にすぎない。

これはヨーロッパ諸国でも最低基準である。

たとえば、イギリスでは、オックスフォード、ケンブリッジ大はもちろんのこととして、全体でも29%が寮にはいれる。フランスは16%、ドイツは12%、スペインは8%である。

寮は、普通の下宿よりも経済的なため、両親の負担を期待できない学生の存在を考えると、より民主的である。また、寮で、自分の生活、時間を律することが、明日の労働者にとっても重要な訓練となる。

イタリア政府は、2000年に、寮のベッド数倍増のための4年間の特別計画をたてたのである。それから8年が経過している。当時のオルテンシオ・ゼッキーノ大臣の計画は半ば失敗に終わっている。

ベッド数は、4万2000から5万になり、20%増加したのであって、倍増にはほど遠いからだ。しかも、この増加分は、未だに使用不可能なものも含まれた数字なのである。

これに対し会計院(Corte dei conti) も不明瞭な部分があるとしている。

さらに、寮建設のために予算として割り当てられた3億8000万ユーロのうちこれまで消化されたのは、4000万ユーロで11%にすぎない。

|

« 再建共産党の歴史 | トップページ | マリーサ・メルリーニ、死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42006822

この記事へのトラックバック一覧です: 大学の寮が足りない:

« 再建共産党の歴史 | トップページ | マリーサ・メルリーニ、死去 »