« パンテーラの地区会長、公開書簡を発する | トップページ | パリオ当日の行事 »

2008年7月 3日 (木)

プローヴァ・ジェネラーレとチェーナ

Prova_generale

7月1日午後7時から、シエナのカンポ広場で、第5試走(prova generale, お芝居でいうゲネプロに相当する言葉)が行われた。

勝ったのは、レオコルノ(一角獣)地区で、イアーダという馬である。騎手はスコンピリオ。

第五試走は、特別にプローヴァ・ジェネラーレという。他の試走と異なり、10頭の馬が走る前に、カラビニエーリの騎馬警官が、隊列を組んで、カンポ広場を走る。特に二周目は、剣を抜いて、前に突き出して疾走する様子は印象的で、広場の群衆も拍手喝采を惜しまなかった。騎馬警官のデモンストレーションは、72日パリオ当日にも実施される。

その後、各コントラーダでは、プローヴァ・ジェネラーレの夕食会(Cena della prova generale)が夜更けまで開かれた。

パリオの季節になると各コントラーダは、さかんに夕食会を催す。しかし最も参加人数が多いのはパリオの前夜に開かれるプローヴァ・ジェネラーレの夕食会である。

各コントラーダ(地区)は、特定の通りを交通をシャットアウトして、椅子と机をならべ、1000人あるいはそれ以上のコントラダイオーロ(コントラーダのメンバー)および旅行者が参加する。コントラーダの夕食会は原則として、お金さえ払えば、旅行者も参加できるのである。

プローヴァ・ジェネラーレの際には、演台がしつらえられて、その台の上にコントラーダの幹部(プリオーレ、カピターノなど)および騎手が並ぶ。騎手とカピターノが入場するときには音楽も高らかに鳴って盛り上がる。

各コントラーダは、国に国家があるように、コントラーダ歌(inno della contrada)を持っていて、それは起立して歌う。そのほか、パリオの歌が自然発生的にあちこちで、とびかう。一人が一節歌うと、集団でその後をつけていき、盛り上がるのである。

プローヴァ・ジェネラーレの際には、普段、他の町に住んでいてシエナおよび自分のコントラーダにご無沙汰している人たちも、自分のルーツを確認するかのように帰ってきて、このプローヴァ・ジェネラーレに参加する。

|

« パンテーラの地区会長、公開書簡を発する | トップページ | パリオ当日の行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41721124

この記事へのトラックバック一覧です: プローヴァ・ジェネラーレとチェーナ:

« パンテーラの地区会長、公開書簡を発する | トップページ | パリオ当日の行事 »