« エンニオ・カヴァッリ 『半過去の喪』 | トップページ | 教皇:小児虐待の司祭は裁判へ »

2008年7月20日 (日)

快速500 アバルト

Abartth_1 フィアット500(チンクエチェント)のアバルト版が発売される(7月21日付け、コッリエ・デッラ・セーラ付属、コッリエーレ・モトーリ)。

(コッリエーレ・モトーリの日付は7月21日になっているが、少しさばをよんだ日付であるー管理人註)。

フィアットの500(チンクエチェント)は発売以来1年間に22万台以上の注文をとりつけるヒット作となった。イタリアだけでなく、フランス、ドイツ、イギリスでも一定の地位をしめている。

南アフリカやオーストラリアでは順番待ちのリストができている。ポーランドの500製造工場では年間の製造能力を12万台から19万台にあげた。

今回はアバルト・チューニングの新バージョンが登場する。スポーツ・バージョンである。アバルトというのは、カルロ・アバルト(Carlo Abarth)という1908年ヴィーン生まれのエンジンの天才から来ている。Abarth & C は1949年に誕生したが、事業が成功したのは1960年代である。Fiatとの協力関係を持ち、1971年には事実上フィアットの子会社となった。1958年には、500 Abarth が登場しており、これは Carlo Abarth の傑作の一つと言われている。

今回は50年ぶりの500 アバルトとなるわけである。アバルトの代表取締役ルーカ・デ・メオは「われわれは手の内にジョーカーを持っているようなものだと考えている」と自信満々。

車体は中間冷却器(gli scambiatori di calore, intercooler)を収蔵するため少し長くなった。エンジンは1,4リッター、16valve, T-jet ガソリン、135馬力である。時速205キロまででるとか?フェンダーも特別仕様となっている。

500はナポリターノ大統領をはじめ有名人御用達でもある。

ナポリターノ大統領のは、ブルーで、ランプの脇に三色旗がつくが、これは取り外しできるようになっている。

ルーカ・ディ・モンテツェーモロのは、1,4リッター、120馬力、若い頃に彼が乗っていた500のレプリカとなっている。色は赤。

セルジョ・マルキオンネのは黒で、1,4リッター、120馬力。これはまだ市場に出回っていない。

ヴァレンティーノ・ロッシのは、ヤマハのバイクと同様の外装となっている。

ピエロ・キアンブレッティ(司会者)のは、暗赤色で、手書きのマークがある。

ロザリオ・フィオレッロのは、カラシおよび白のツートン。

500を買った人は、細部に、さらに手を加える人が多い。自分独自のオリジナル500とするのである。

|

« エンニオ・カヴァッリ 『半過去の喪』 | トップページ | 教皇:小児虐待の司祭は裁判へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41914719

この記事へのトラックバック一覧です: 快速500 アバルト:

« エンニオ・カヴァッリ 『半過去の喪』 | トップページ | 教皇:小児虐待の司祭は裁判へ »