« もう一つのトリエステの展覧会 | トップページ | 再建共産党、フェッレーロ土壇場、逆転勝利 »

2008年7月28日 (月)

不安定雇用の待遇、いっそう不利に

Sacconi_maurizio 不安定雇用(プレカリアート)の扱いがいっそう不利になり、労働組合はいっせいに反発している(7月27日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

これまで、一定の期間を過ぎても不安定雇用のままだと、司法から強制的に、期間を限定しない雇用に切り替えることがありえたが、これからは、単に罰金を払えばすむことになりそうだ。

これは政府の修正案のなかに含まれているもので、労働組合は反発している。政府の内部でも、福祉大臣サッコーニ(写真)は政府案に同意していない。

不安定雇用者の平均年収は1万5000ユーロ。平均年齢は35歳。それが唯一の収入源という人の割合は67%である。

|

« もう一つのトリエステの展覧会 | トップページ | 再建共産党、フェッレーロ土壇場、逆転勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41991734

この記事へのトラックバック一覧です: 不安定雇用の待遇、いっそう不利に:

« もう一つのトリエステの展覧会 | トップページ | 再建共産党、フェッレーロ土壇場、逆転勝利 »