« インテリはヴェンドラのもとに留まる | トップページ | リッコ、ドーピングを認める »

2008年7月31日 (木)

タクシーにヴィデオカメラ

Telecamere ミラノでタクシーにヴィデオカメラが設置された(7月30日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

7月半ばから、ミラノの117台のタクシーにテレビカメラ(videocamera, telecamera 両方の表記が混在しています)が設置されている。室内すべて、乗客も含めて撮影できる。設置費用は、業者とコムーネ(市)が半々で出している。

「意図は、タクシー運転手と乗客の安全のため」であると、業者も市側も口をそろえる。

ヴィデオカメラはすでにフィレンツェのタクシーには設置されており、ローマもその方向で動いている。

ミラノの場合、市は100万ユーロを計上している。

また、タクシー以外でも、ミラノ市には、テレビカメラが全部で900台設置されている。その費用は3000万ユーロに上る。

地下鉄の監視カメラも540台から2500台に、2009年末までに増やす。

こうした動きにたいし、プライヴァシー保護委員会(Il garante per la privacy)のフランチェスコ・ピッツェッティはあらたな基準が必要だとしている。

|

« インテリはヴェンドラのもとに留まる | トップページ | リッコ、ドーピングを認める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/42018625

この記事へのトラックバック一覧です: タクシーにヴィデオカメラ:

« インテリはヴェンドラのもとに留まる | トップページ | リッコ、ドーピングを認める »