« カモッラのボスに終身刑 | トップページ | ベルルスコーニ:検察官は反逆的 »

2008年6月21日 (土)

ミラノは麻薬の都?

4424 ミラノでは、イタリアの平均の3倍の麻薬が消費されているという(6月21日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

Aslの調べでは、2004年と比較して、ヘロインの売り上げは50%増加している。

また過去1年、および過去1ヶ月に麻薬を消費した人の調査はミラノでは次の通り。

大麻 16%(過去1年)
    10,5%(過去1ヶ月)
コカイン 5%(過去1年)
     2,6%(過去1ヶ月)
エクスタシー1,7%
                                    0,9%
ヘロイン 0,8%
      0,6%

一生のうち一度でも大麻を使用したことのある人はという質問では、34歳以下では男女とも50%を越えている。

|

« カモッラのボスに終身刑 | トップページ | ベルルスコーニ:検察官は反逆的 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41602114

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノは麻薬の都?:

« カモッラのボスに終身刑 | トップページ | ベルルスコーニ:検察官は反逆的 »