« 馬の検査始まる | トップページ | 治安法案、上院で可決 »

2008年6月26日 (木)

カルチョ・ストリコ

Calcio_storico フィレンツェのカルチョ・ストリコを観た(6月24日)。

カルチョ・ストリコは1500年代から続く、古式ゆかしきサッカーである。

試合の前には、ルネサンス風の衣装をまとった時代行列が市街を練り歩く。その総勢は500人以上。

役柄によって馬に乗ったり、兜をかぶったり、槍を持つものもいる。

サッカーの試合は、サンタ・クローチェ教会の前の広場で繰り広げられる。入場料は19ユーロであった。

フィレンツェ市内に4つの地区があり、この日は決勝。ロッソ(赤)対アズッリ(青)の戦い。試合はまさに戦いで、いたる所で殴り合い、とっくみあいが繰り広げられ、それに気をとられていると、ボールの行方を見失う。

試合は9、5対4で赤の勝ち。0,5というのはシュートに失敗すると、敵方に0,5点が入るのである。

最後は、赤の選手と青の選手が健闘をたたえ合い終わった。

非常に激しいスポーツなので万人向きではないかもしれないが、ルネサンスのイタリアは美術だけではなく、激しい権力闘争や戦闘もしばしばあったことを想起させられた。

|

« 馬の検査始まる | トップページ | 治安法案、上院で可決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41654514

この記事へのトラックバック一覧です: カルチョ・ストリコ:

« 馬の検査始まる | トップページ | 治安法案、上院で可決 »