« プローディ:Ceiは私に敵対的だった | トップページ | アイヌ民族先住民決議 »

2008年6月 9日 (月)

ワイン:モンテプルチャーノも捜査

Gattavecchivinonobiledimontepulcian ブルネッロに続き、モンテプルチャーノのワインにも捜査の手が入った(6月7日、レプッブリカ)。

財務警察は、Cantina Vecchia 協同組合のワインを1200万リットルを押収した。さらに、業者として、Enrico TabalziniとLuca Gattavecchi (Vino Nobile di Montepulciano のconsorzio の会長でもある)が捜査の対象となっている。

容疑は、ヴィーノ・ノービレおよびロッソ・ディ・モンテプルチャーノに、モンテプルチャーノ以外のワイン、即ち、他地域のワインを混ぜたのではないかというもの。

ただし、モンテプルチャーノでは3種類のワインが作られていて、ヴィーノ・ノービレはDOCG, ロッソ・ディ・モンテプルチャーノはDOCなので、他地域のワインを混ぜてはいけない。ただし、Igt(indicazione geografica tipica)のワインの場合はOKなのである。

|

« プローディ:Ceiは私に敵対的だった | トップページ | アイヌ民族先住民決議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41478609

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン:モンテプルチャーノも捜査:

« プローディ:Ceiは私に敵対的だった | トップページ | アイヌ民族先住民決議 »