« ベルルスコーニ:検察官は反逆的 | トップページ | 教皇:聖体は罪なき人のみ »

2008年6月26日 (木)

訴訟中断は違憲

Csm

政府の訴訟中断措置(provvedimento)は違憲のおそれがあるとの見解をCSMが示した(6月22日、レプッブリカ)

Csmとは Il Consiglio Superiore della Magistratura(司法官最高委員会)の略で、27名の構成員からなる。

そのうち3名は、職責上の委員で、共和国大統領と破毀院長官(Il Primo Presidente della Corte di Cassazione, 検察庁長官(Il Procratore generale della Corte di Cassazione)である。

残りの24人は選出されるのだが、8人は国会議員から任命される。残りの16人は司法官から選ばれる。

Csmの議長は、共和国大統領であるが、大統領が欠席の場合は、国会議員のメンバーから選ばれた副議長が議長をつとめる。


Csm
の役割は、司法官の自治機関で、任用、配属、異動、昇進、司法官の懲戒措置をなす。

|

« ベルルスコーニ:検察官は反逆的 | トップページ | 教皇:聖体は罪なき人のみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41649870

この記事へのトラックバック一覧です: 訴訟中断は違憲:

« ベルルスコーニ:検察官は反逆的 | トップページ | 教皇:聖体は罪なき人のみ »