« 国会議員、欠席の言い訳 | トップページ | Hopa 帝国の崩壊 »

2008年6月 1日 (日)

スカラ座、12月4日開幕

Gatti スカラ座の総支配人のリスナーが来季のプログラムを発表した(5月29日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

開幕はダニエーレ・ガッティ指揮で、ヴェルディの『ドン・カルロ』だが、12月4日になる。

12月7日を開幕の日としたのは、57年前にヴィクトル・デ・サバタが決めたのだという。

リスナーによると、12月7日が、開幕の日であることは変えないのだという。ただし、12月4日に特別な一日をもうけ、2000人の若者専用の日とし、値段も10ユーロに抑えるという。

他の演目は、ピッツェッティ作曲の『大聖堂の殺人』(T.S.エリオットの原作)、モンテヴェルディの『オルフェオ』、ドニゼッティの『劇場の好都合と不都合』。

また2011年にはアル・ゴアの本および映画『不都合な真実』原作で、ジョルジョ・バッティステッリ作曲のオペラを上演する予定。

|

« 国会議員、欠席の言い訳 | トップページ | Hopa 帝国の崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41387203

この記事へのトラックバック一覧です: スカラ座、12月4日開幕:

« 国会議員、欠席の言い訳 | トップページ | Hopa 帝国の崩壊 »