« ピエモンテで豪雨 | トップページ | 透明のセメント »

2008年6月 1日 (日)

教皇:カトリック校にもっと予算を

Ansa85370651607145247_big ローマ教皇は、イタリア政府の与野党間の対話を祝賀すると同時に、カトリック校への予算増額を呼びかけた(5月30日、レプッブリカ)。

教皇ベネデット16世は来週、首相ベルルスコーニと会談する予定。

イタリアにおける宗教系の学校は次の通り。

幼稚園 4620校
小学校 1124校
中学校 517校
高校  569校
(2007/8年)

生徒数
幼稚園 28万449人
小学校 14万1755人
中・高校 5万887人
(2005/6年)

国家による財政的措置
幼稚園 3億3511万ユーロ
小学校 1億6020万ユーロ
中・高校 699万ユーロ
障害児の統合 1000万ユーロ
440号法   450万ユーロ
親へのボーナス 3000万ユーロ
合計  5億6681万ユーロ(2006年)

|

« ピエモンテで豪雨 | トップページ | 透明のセメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41394886

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇:カトリック校にもっと予算を:

« ピエモンテで豪雨 | トップページ | 透明のセメント »