« 教皇:聖体は罪なき人のみ | トップページ | オルランディ事件に新たな証言 »

2008年6月26日 (木)

パオロ6世の伝記

Paolo_6

ジゼルダ・アドルナート著『パオロ6世――現代性の勇気』(サン・パオロ、368ぺージ、24ユーロ)が出版された(6月23日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

パオロ6世、モンティーニ教皇が悲しい、あるいは苦悩にみちた教皇であるという従来の見方だけでなく、この世に喜びを見いだす教皇であったという観点を導入した伝記であるとのこと。

今年は、パオロ6世の没後30年である。

|

« 教皇:聖体は罪なき人のみ | トップページ | オルランディ事件に新たな証言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41649947

この記事へのトラックバック一覧です: パオロ6世の伝記:

« 教皇:聖体は罪なき人のみ | トップページ | オルランディ事件に新たな証言 »