« カルヴィの子息:オルランディの誘拐は教皇庁を脅迫するため | トップページ | ローマの文学祭 »

2008年6月27日 (金)

パリオ旗のお披露目

Palio200807022008年7月のパリオ(旗)が、26日パラッツォ・プッブリコの中庭でお披露目された(6月28日、コッリエーレ・ディ・シエナ)。

マドンナ(聖母マリア)の顔はきわめて現代風で議論が分かれている。

アイシャドウやほほ紅、口紅をつけているようにも見える聖母である。宗教性よりも、現代の女性、新たな1000年紀の女性という側面が強調されている。

その下の白い布は顔のない修道女。

他の動物・生物は、このパリオに出走するコントラーダ(地区)のシンボル・マークである。

このパリオの制作者はカミッラ・アダミ。夫のヴァレリオ・アダミも1980年代にパリオを描いている。

作者自身もこの聖母像は、現代の日々を戦う(シエナの)女性を描いたものであることを認めている。

またこの旗は、San Vincenzo de' Paoliの修道女たちに捧げられている。

また同時に、マスガラーノと呼ばれる皿状の賞もお披露目された。

|

« カルヴィの子息:オルランディの誘拐は教皇庁を脅迫するため | トップページ | ローマの文学祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41664637

この記事へのトラックバック一覧です: パリオ旗のお披露目:

« カルヴィの子息:オルランディの誘拐は教皇庁を脅迫するため | トップページ | ローマの文学祭 »