« 第14回国際・詩のフェスティヴァル(2) | トップページ | 第14回国際・詩のフェスティヴァル(3) »

2008年6月19日 (木)

マフィアとフリーメーソンの密約

Massoneria マフィアとフリーメーソンのメンバーが結託して、裁判を遅らせる工作をしていたとして8人が逮捕された(6月18日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

逮捕されたのは、実業家のミケーレ・アッコマンド(フリーメーソン、massone), カニカッティ市の元評議会議員(ex assessore)カロジェロ・リカータ、仲介役をつとめたとされるロドルフォ・グランチーニなどである。

容疑はシチリアのトラーパニのボスが刑務所に行かなくてすむように、裁判を遅らせるよう工作したというもの。

取り調べを受けた人物のなかには、《Serenissima Gran Loggia》のGran maestroであるステーファノ・デ・カロリスも含まれていた。

収監を逃れようとしたのは、ジャンバッティスタ・アガーテ。時効を目標とした工作であった。

|

« 第14回国際・詩のフェスティヴァル(2) | トップページ | 第14回国際・詩のフェスティヴァル(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41579643

この記事へのトラックバック一覧です: マフィアとフリーメーソンの密約:

« 第14回国際・詩のフェスティヴァル(2) | トップページ | 第14回国際・詩のフェスティヴァル(3) »