« 不法移民法案に国連とヴァティカンが異議 | トップページ | 不法移民法案をめぐり、政府部内で論争 »

2008年6月 4日 (水)

ローマで世界食糧サミット開かれる

Logofao ローマでFaoの世界食糧サミットが開催されている(6月4日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

このサミットでは、イランのアフマディネジャド大統領のイスラエルに対する問題発言が話題になっているが、それを別にすると、飢餓とバイオ燃料(biocarburanti)が議論の中心である。

世界を見渡すと、南北アメリカの人口は8億6000万人、ヨーロッパの人口は7億1650万人であるが、世界で飢餓に苦しむ人は8億6200万人いる。

バイオ燃料については、賛否両論ある。世界中では、2500万ヘクタールがそれにあてられている。イタリアでは6万5000ヘクタール(5万ヘクタールのヒマワリと1万5000ヘクタールの西洋油菜)がそれにあてられている。

|

« 不法移民法案に国連とヴァティカンが異議 | トップページ | 不法移民法案をめぐり、政府部内で論争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41426559

この記事へのトラックバック一覧です: ローマで世界食糧サミット開かれる:

« 不法移民法案に国連とヴァティカンが異議 | トップページ | 不法移民法案をめぐり、政府部内で論争 »