« 障害者に結婚が禁じられる | トップページ | ヴェルトローニ、盗聴の厳重規制に反対 »

2008年6月10日 (火)

ディーノ・リージ逝く

Ansa_13132729_07300 映画監督ディーノ・リージが亡くなった。91歳だった(6月8日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

リージは毒舌家としてもしれれ、最後のジョーク(battuta)は、アントニオーニとバーグマンが亡くなったとき、「ああ今日死ななくてよかった。(今日死んでたら)死亡記事2行で片付けられるところだよ」。

リージは喜劇監督として知られる。Poveri ma belli(貧しくも美しく),  Il vedovo(やもめ),  Il sorpasso(追い越し)、I mostri (怪物)、Una vita difficile (むずかしい人生)、Profumo di donna(女の香水)...

アリダ・ヴァッリやアニタ・エクバーグとのラブ・ストーリーもある。

父はスカラ座の医者で、幼いときから、楽屋にも連れて行ってもらったのだという。

|

« 障害者に結婚が禁じられる | トップページ | ヴェルトローニ、盗聴の厳重規制に反対 »

コメント

拙ブログでも記事にしているので、TBよろしくお願い致します。

私は2001の「イタリア映画大回顧」で見た『追い越し野郎』に惚れ込み、一昨年イタリア旅行した際にDVDを買って帰るつもりだったのですが、まだDVD化されてませんでした。
亡くなったのを機に…というのはいやなんですが、DVD化を待っています。

ミラノ生まれということですが、スカラ座と縁が深いお生まれだったのですね。

投稿: なつ | 2008年6月14日 (土) 13時21分

なつさん

TBありがとうございます。
僕も、『追い越し野郎』は2001年のイタリア映画大回顧で見ました。

邦題は、『追い越し野郎』ですね。なつさんのブログ拝見していたのですが、記事を書くとき、あわてていて、直訳の題(「追い越し」)を書いてしまいました。

記事によると、この映画の結末は、ハッピーエンドにしろというプロデューサと、それに反対のリージ監督が対立し、リージは最後まで譲らなかったわけですが、映画がヒットして、プロデューサ(父のほうのチェッキゴーリ)もほっとした、という話ですね。

投稿: panterino | 2008年6月14日 (土) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41494369

この記事へのトラックバック一覧です: ディーノ・リージ逝く:

» ディーノ・リージ監督逝く [Il quaderno d'Estate]
イタリアの映画監督ディーノ・リージが、6月7日朝、ローマの自宅で息を引き取りました。享年91才。 [続きを読む]

受信: 2008年6月14日 (土) 13時12分

« 障害者に結婚が禁じられる | トップページ | ヴェルトローニ、盗聴の厳重規制に反対 »