« 訴訟中断は違憲 | トップページ | パオロ6世の伝記 »

2008年6月26日 (木)

教皇:聖体は罪なき人のみ

Benedetto_6_23

ベネデット16世は、聖体を拝受できるのは、「罪」に汚れてない「純粋」(puri)な人のみである、との見解を明らかにした(6月23日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

                                          

これは、先週土曜日にベルルスコーニ首相が、ポルトロトンドで司教に「離婚者も聖体が受けられるように全力をつくしてください」と依頼したのに対する間接的な返事である。

この方針は、ここ数代の教皇によって確認されているが、また同時に、いくつかの国では、多くの司祭が、「司祭の寛容」(tolleranza pastorale)を示してきたこともまた事実である。

たとえば、フランスでは、離婚者同士が再婚する場合、祝福を求められると司祭は、信仰の堅いことを確認したうえで、地味な形で教区教会で祝福を与え、聖体もさずけている。

ベネデット16世によれば、「罪、とくに重大な罪は、聖体の恩寵に反する」

UDCのリーダーで離婚し、再婚しているピエル・フェルディナンド・カジーニは、こういったことを決めるのは教皇であって、ベルルスコーニではない、としている。

離婚し再婚したものに関しては、枢機卿時代のラッツィンガー(現教皇)が明確な方針を示している。「イエス・キリストに忠実な」教会は、「前の結婚が有効なものであったならば、あらたなカップルを有効と認めることは出来ないことを確認する。離婚者が、民事婚で結婚したとしても、それは客観的に神の法に反する状況にあるのであって、それゆえ、聖体の拝領(Comunione eucaristica)にあずかることはできない」。つまり、前の結婚の無効が確認されなければ、駄目なのである。ただし、これは懲罰的あるいは差別的な性質のものでなない。なぜなら、彼ら(再婚者)は、教会から「まったく排除されていない」からである。

|

« 訴訟中断は違憲 | トップページ | パオロ6世の伝記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41649903

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇:聖体は罪なき人のみ:

« 訴訟中断は違憲 | トップページ | パオロ6世の伝記 »