« アイヌ民族先住民決議 | トップページ | ホテルの星は混沌 »

2008年6月 9日 (月)

ベルルスコーニ:盗聴禁止を

Berlu3 ベルルスコーニは捜査における盗聴を原則禁止にする考えを示した(6月8日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

マフィアやテロリズム以外は原則禁止にする考え。

イタリアにおける盗聴は、検察官の請求により、Gip(Giudice per le Indagini Preliminari 予審判事)によって許可される。

一年間に盗聴のためにかかるコストは、2億8000万ユーロで、法務省の予算の約3分の1を占めている。

イタリアでは、10万人あたり、72人が盗聴対象となっている。1年間に盗聴された人は、30万人。

ベルルスコーニ首相は盗聴を禁止にして、違反した場合は、最高禁錮5年にすることを主張している。

|

« アイヌ民族先住民決議 | トップページ | ホテルの星は混沌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41486626

この記事へのトラックバック一覧です: ベルルスコーニ:盗聴禁止を:

« アイヌ民族先住民決議 | トップページ | ホテルの星は混沌 »