« 第一試走 | トップページ | 高速鉄道、合意 »

2008年6月30日 (月)

第二試走

Seconda_prova 6月30日、午前9時からシエナのカンポ広場で第二試走が行われた。

第二試走(seconda prova)では、カナペ(二本の太綱の間のスタートの場所、一頭ごとのゲートはない)に入る順は第一試走の正反対となる。

今回は、ヴァルディモントーネ(羊)の馬が元気が良く、騎手を振り落としてしまった(写真)。騎手無しの馬(cavallo scosso, scosso)は、資格としては、騎手のいる馬とまったく同じで一着でつけば一着である。ヴァルディモントーネの馬イオラオは一位で到着した。

騎手の落馬した馬が本番のパリオで優勝することもまれにある。パリオは鞍をつけぬ裸馬で競うので、騎手の落馬はしばしば見られる。

|

« 第一試走 | トップページ | 高速鉄道、合意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41695448

この記事へのトラックバック一覧です: 第二試走:

« 第一試走 | トップページ | 高速鉄道、合意 »