« 治安法案、上院で可決 | トップページ | ヴィットリオ・ガスマンの詩 »

2008年6月26日 (木)

ヴァティカン、オルランディ事件で反論

Orlandi140x180 ヴァティカンは、サブリーナ・ミナルディの証言を否定した(6月25日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

ヴァティカンは記者会見を開き、サッカー選手ジョルダーノの元妻、ローマのマフィアの大ボス、レナティーノの愛人であったサブリーナ・ミナルディの証言を否定した。

マルチンクス大司教はすでに故人であり、反論が出来ない。その人に対する名誉毀損であり、根拠のない話だとしている。

アンドレオッティ元首相は、マルチンクスと犯罪組織バンダ・デッラ・マリアーナとオルランディ事件の関係は、まるで小説まがいで信じられないという。アンドレオッティは、「私はマルチンクスをよく知っている。彼がアメリカに帰ってからも、連絡をとりあっていた。最高の司祭として記憶している」と語った。

|

« 治安法案、上院で可決 | トップページ | ヴィットリオ・ガスマンの詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41654676

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァティカン、オルランディ事件で反論:

« 治安法案、上院で可決 | トップページ | ヴィットリオ・ガスマンの詩 »