« スカラ座、12月4日開幕 | トップページ | ピエモンテで豪雨 »

2008年6月 1日 (日)

Hopa 帝国の崩壊

Emilio_gnutti 4月28日にHolinvestが巨額の損失を計上し、《sistema Hopa》全体が危機に陥った(5月30日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

Hi spring というほとんど知られていない会社が、5000万ユーロ(80億円)という巨額の損失を計上し、ブレーシャ、エミリオ・ニュッティ(写真)の領土を恐怖に陥れた。

Hi spring の株主は、1999年にTelecomの株式買い占めをしかけたグループである。Hopa の6億ユーロの損失はさらにおそるべきものだ。

Holinvest は100%、Hopaにより支配されている会社だが、ほとんど制御不能に陥っている。

この問題は、シエナのモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(MPS)にも押し寄せている。Hopa およびブレーシャの金融業者はMPSの出資者(creditore)であるからだ。銀行に与えられていた担保である  Hi spring は価値が崩落してしまったのだ。

Holinvestは、4月28日に会長エットレ・ロナーティが特別総会を開いたが、そこで8億6200万ユーロの損失を報告した。この原因は、彼らが保有していたテレコムの3,7%の株式が徐々に価格が下落したことにある。この株式は Royal Bank of Scotland の担保に入っていて、彼らは3月にその株を市場に放出した。ブレーシャの金融業者はこの販売方法をめぐり、損失をこうむったとして1億2600ユーロの賠償を求めている。

Holinvestの損失は、ドミノ倒し現象を引き起こすのではないか、と懸念されている。Hopaは2007年度、5億9500万ユーロの損失を計上した。その主要株主(35%)であるFingruppoは4億5300万ユーロの損失を計上した。Hopaは、今だに資産が3億ユーロあるので、生き延びることができる。しかし、Fingruppohaは、破産に追い込まれてしまった。

Fingruppoへの出資者に金を貸していた銀行(債権者、banche creditorice)は、担保を他のものに代えるよう求めている。Fingruppoの株式は紙くず同然になってしまったからだ。その銀行とはどこか?人民銀行グループのPopolare Lodi (3400万ユーロの債務)とMPSグループのBamである。両者ともHopaの共同経営者である。

MPSは、1億ユーロ以上の債権を、Fingruppo および様々な株主(Bamを介して)抱えている。

MPSが吸収合併するアントンヴェネタはHopaを8%所有しているので、それを引き受けることになる。この問題はシエナ銀行(MPS)の頭痛の種でもある。

|

« スカラ座、12月4日開幕 | トップページ | ピエモンテで豪雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41392444

この記事へのトラックバック一覧です: Hopa 帝国の崩壊:

« スカラ座、12月4日開幕 | トップページ | ピエモンテで豪雨 »