« Gomorra | トップページ | 国際機関におけるイタリア人 »

2008年5月21日 (水)

シエナ、ロムのキャンプが禁じられた土地

Siena シエナにはロマのキャンプがない(5月18日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

都市伝説ではない。シエナには、一度も、ロムのキャンプが存在したことがない。

シエナを統治してきたのは、Pci(イタリア共産党)、Pds(左翼民主党)、Ds、Pd(民主党)と常に左派であるが、ロムの家族のキャンプを設置することは、常に拒絶してきた。

2002年には、トスカーナ州から各都市がロムの家族を受け入れるようにと要請があり、2004年には《progetto rom》(ロム・プロジェクト)が作成され、2007年には州長官のチョーニが真っ向からシエナを批判した。

公式には「強硬路線」は存在しない。しかしロマのキャンプは公式にも非公式にも存在しないのである。

元市長のピエルルイージ・ピッチーニは語る。「私も、チョーニとぶつかったことがある。市の領域はとても小さくて、こうした社会的緊張をうまく管理することは出来ないのです」。

トスカーナ州のロムやシンティは約2200人。その半分はフィレンツェにいる。今やキャンティ、ムジェッロ、アレッツォ、ピサ、リヴォルノにもいる。が、シエナにはいないのである。

|

« Gomorra | トップページ | 国際機関におけるイタリア人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41272923

この記事へのトラックバック一覧です: シエナ、ロムのキャンプが禁じられた土地:

« Gomorra | トップページ | 国際機関におけるイタリア人 »