« 学長の家族を採用してよいのか? | トップページ | ディーゼル、ガソリンを抜く »

2008年5月 5日 (月)

教科書、デジタル化で軽くなる

Caro イタリアの教科書が一部デジタル化を認められ、軽くなる(5月4日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

イタリアの教科書は分厚く、新学期になると小学生、中学生のリュックサックの重さが話題になるほどだ。

今回、教科書出版社と反独占委員会の間で合意に達し、教科書の一部をネットにのせることが認められた。

この問題に関わっていた教科書会社は、Rcs Libri, Zanichelli, Mondadori, Pbm, De Agostini, Capitello, Sei, Giunti Scuola, Principato の9社。

教科書の一部をCd-rom化したり、Webにのせたりする教科書が出始めたのである。それによって、本が軽くなり、値段も安くなるという。

教科書の年間のマーケットは4億6000万ユーロ。

|

« 学長の家族を採用してよいのか? | トップページ | ディーゼル、ガソリンを抜く »

コメント

ご無沙汰しております。
研修期間中はネットが使えず、4月分はここ数日で見きりました。


教科書のネット掲載が可能になる程、インターネットは普及しているのですね。

私の場合、PC画面の内容は頭に残りにくいのですが、
こういった事は話題になっていないのでしょうか。

また、パソコンの無い家庭への対応は考えられているのでしょうか。

投稿: Raimondi | 2008年5月 5日 (月) 21時16分

Raimondi さん

ネット環境は、日本の方が進んでいるかもしれません。特に、光回線はそうです。
しかし、日に日に普及が進んでいることも確かです。

教科書のデジタル化は始まったばかりなので、問題点はしばらくたってから出てくるのだと思われます。

教科書は、日本の教科書に比べて相当厚いので、軽量化や安くするという課題があったのですね。

パソコンの無い家庭への対応はたしかに問題ですね。
理屈の上では、学校のコンピュータを使いなさい、というようなことになるのでしょうか。

投稿: panterino | 2008年5月 6日 (火) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41100624

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書、デジタル化で軽くなる:

« 学長の家族を採用してよいのか? | トップページ | ディーゼル、ガソリンを抜く »