« 第四次ベルルスコーニ内閣成立 | トップページ | ルイージ・マレルバ、死去 »

2008年5月12日 (月)

移民、第二世代

Immigrati_seconda_gene

イタリア生まれの移民第二世代が急速に増えている(5月9日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

イタリアの移民のうち、イタリア生まれの第二世代は約22%、70万人に及ぶ。2007年時点で、移民全体は398万2000人。

第二世代のことを、時限爆弾と呼ぶ人もいるし、未来の多民族イタリアへの架け橋となりうると期待する人もいる。

学校では、ここ12年で移民の生徒の数は爆発的に増加している。実数と、全体に占める割合は次の通り。

95/96年 5万322人  0,6%

96/97  5万7595人 0,7%

97/98  7万657人  0,8%

98/99  8万5522人 1,1%

99/00  11万9679人 1,5%

00/01  14万7406人 1,8%

01/02  18万1767人 2,3%

02/03  23万2766人 3,0%

03/04  28万2683人 3,5%

04/05  36万1576人 4,2%

05/06  42万4683人 4,8%

06/07  50万1494人 5,6%

社会学者の Ruben Rumbaut は移住先の国にやってきた時機によって、次のように世代を区分している。ルーベンスはカリフォルニアへの移民を研究したのだが、ここでは話をイタリアに限定する。

 1,25世代  イタリアにやってきたのが14歳以上になっ                              てから

 1,5世代   7歳から13歳の間にやってきた

 1,75世代  1歳から6歳の間にやってきた

 2世代     イタリアで生まれた

ダニエレ・コローニャによると、鍵を握るのは1,5世代および1,75世代で、移民を経験しつつ、イタリア社会をマスターしているので、明日のイタリア他民族社会への渡し守になる可能性を秘めているという。

|

« 第四次ベルルスコーニ内閣成立 | トップページ | ルイージ・マレルバ、死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41184515

この記事へのトラックバック一覧です: 移民、第二世代:

« 第四次ベルルスコーニ内閣成立 | トップページ | ルイージ・マレルバ、死去 »