« ロムのキャンプ、放火される | トップページ | 不法滞在者、一斉検挙 »

2008年5月16日 (金)

パウンドのいた収容所、ロムの家に

Ezrapoundbooking755504 第二次大戦後、アメリカの詩人エズラ・パウンドが入れられていた強制収容所が、ロムの家に生まれ変わった(5月15日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

ピサ県のコルターノは、マルコーニが、1911年、初のラジオの実験をしたことで有名である。

しかし、ここは1945年連合軍によって、強制収容所が開かれ、3万2500人が収容されていた場所でもある。ここに収容されていたのは、市民、社会共和国(サロ共和国、ナチスの傀儡政権)の脱走兵、1000人の元パルチザンで武器を渡さなかった人であった。

詩人エズラ・パウンドもここに入れられ、ここでピサ詩編を書いた。

そのコルターノに17の小さな家が建てられ、ロムが住むことになっている。民主党の市長が推進した事業だが、野党からは激しい反対にあった。

|

« ロムのキャンプ、放火される | トップページ | 不法滞在者、一斉検挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41228701

この記事へのトラックバック一覧です: パウンドのいた収容所、ロムの家に:

« ロムのキャンプ、放火される | トップページ | 不法滞在者、一斉検挙 »