« マルチェガリア、デビュー | トップページ | カルト信者増大の危機 »

2008年5月24日 (土)

スカヨーラ経済発展相:5年以内に原発を

Scajola3 スカヨーラ経済発展相は、5年以内に原子力発電所の建設に着手することを呼びかけた(5月23日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

この発言は企業家団体の集まりでなされたもので、イタリア産業総連盟の新会長エンマ・マルチェガリアからも歓迎された。

Enelの代表取締役フルヴィオ・フォンティは、技術的な準備は出来ていると語っている。

しかし、Confindustriaの外からは反対の大合唱も聞こえてくる。イタリアの環境団体Lega Ambiente の会長ヴィットリオ・コリアーティ・デッツァは「発電所設立の金はどこから捻出するのか?」と問いかけた。またGreenpieaceは、1987年の国民投票を無視する発言は傲慢である、としている。またwwf は石油への依存から、ウランへの依存になるだけだと警告している。

各国の原発依存率は次の通り:
フランス 78%
リトアニア 72%
スロヴァキア 56%
ベルギー 54%
スウェーデン 48%
ウクライナ 47%
ブルガリア 42%
スイス   40%
スロヴェニア 38%
チェコ   30%
フィンランド 29%
ドイツ  28%
スペイン 26%
イギリス 19%
ロシア  16%
ルーマニア 9%
オランダ 4%
オーストリア 0%
ポルトガル 0%
ギリシア  0%
イタリア  0%

イタリア最初の原子炉は、1959年イスプラに建設された。1966年時点ではイタリアは世界第三の原子力エネルギー生産量を持っていた。

1987年、チェルノブイリ原発の事故の後、国民投票が実施され、原子力発電が廃止された。

|

« マルチェガリア、デビュー | トップページ | カルト信者増大の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41304922

この記事へのトラックバック一覧です: スカヨーラ経済発展相:5年以内に原発を:

« マルチェガリア、デビュー | トップページ | カルト信者増大の危機 »