« フィーニ、下院議長に | トップページ | リビア:カルデローリは大臣に不適 »

2008年5月 3日 (土)

イタリア人の収入、インターネット上に

Visco77 イタリア人の収入がインターネット上に公開されたが、プライヴァシー保護委員会により閉鎖された(5月1日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

国税庁(Agenzia delle Entrate)のホームページにイタリア人、個人および法人の収入が公開された。

ホームページは、プライヴァシー保護委員会(Garante della Privacy)からの抗議をうけ、閉鎖された。

経済省副大臣のヴィスコ(写真)が、「透明性」を主張して、公開に踏み切ったが、賛否両論の激しい議論を巻き起こした。公開された収入は2005年のものであった。

|

« フィーニ、下院議長に | トップページ | リビア:カルデローリは大臣に不適 »

コメント

初めまして。
いつも読ませて頂いています。

このシステム、Beppe Grilloの収入を公開するために政府が行ったとか・・。
それにしてもイタリア人、する事が普通じゃ考えられないような事ですね。

投稿: Hiromi | 2008年5月 6日 (火) 20時10分

Hiromi さん

これは、イタリア人全員3000万人以上の収入を全員公開したという途方もない出来事で、大騒ぎとなっています。

一度、閉鎖ということになったサイトがまだ公開されているようで、論議を呼んでいます。ベッペ・グリッロは、これがマフィアなどに悪用される可能性があると、この収入公開を非難していますね。

有名人や高額所得者に限るべきという議論もあります。どうも、この全員公開は今回(2005年度分)限りになりそうな雲行きです。

投稿: panterino | 2008年5月 8日 (木) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41072267

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア人の収入、インターネット上に:

« フィーニ、下院議長に | トップページ | リビア:カルデローリは大臣に不適 »