« トレモンティ、300億ユーロの予算措置 | トップページ | ナポリのゴミ収集に軍隊投入 »

2008年5月23日 (金)

タブッキ、トラヴァリオを擁護

Tabucchi 作家アントニオ・タブッキは、ジャーナリスト、マルコ・トラヴァリオを擁護する論を「ウニタ」に発表した(5月21日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

タブッキは5月20日付けの新聞「ウニタ」の第一面に、ジャーナリスト、マルコ・トラヴァリオを擁護する論説「事実と毒」を展開した。

トラヴァリオはRAI3のテレビ番組Che tempo fa で、ゲストとして出演し、現在上院議長のレナート・スキファーニが1979年ニーノ・マンダラ(後のマフィアのボス)と交友をもっていたことを指摘したのである。この番組の後で、騒動が起こったのだ。

タブッキによれば、その後、RAIの総局長のスキファーニに対する謝罪は笑止千万(ridicole scuse)なものであった。

またタブッキは民主党のアンナ・フィノッキアーロやルチャーノ・ヴィオランテがスキファーニ擁護にまわったことを激しく断罪した。

さらには、レプッブリカ紙のジャーナリスト、ジュゼッペ・ダヴァンツォをも切り捨てた。ダヴァンツォの論調を、スターリン時代の警察長官にたとえたのである。ダヴァンツォはトラヴァリオの物言いはまるで、国民に上院議長までマフィアなのか、という思いを抱かせるものだというものであった。実際には、トラヴァリオはそうは言っていないし、そのことはダヴァンツォも認めているのだが。

|

« トレモンティ、300億ユーロの予算措置 | トップページ | ナポリのゴミ収集に軍隊投入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41296370

この記事へのトラックバック一覧です: タブッキ、トラヴァリオを擁護:

« トレモンティ、300億ユーロの予算措置 | トップページ | ナポリのゴミ収集に軍隊投入 »