« パウンドのいた収容所、ロムの家に | トップページ | 移民問題とEUの規定 »

2008年5月17日 (土)

不法滞在者、一斉検挙

Clandestini 今週、不法滞在者の一斉検挙で約400人が逮捕された(5月16日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

検挙の理由は、不法移民の手助け、売春における搾取、麻薬密売などである。

110人以上の不法滞在のEU圏外外国人(extracomunitari)が国外退去となった。

実施されたのは9つの州。

また、内相マローニは、首相に、ローマ県、ミラノ県、ナポリ県に治安のための特別警視を創設することを上申した。トリノ市長のセルジョ・キャンパリーノも同様の措置を政府に求めた。

一方、EU委員会はナポリのロムのキャンプへの暴力を非難し、イタリア当局に、EUの資源を用いて、ロムの社会統合、社会包摂を推進するよう求めた。

|

« パウンドのいた収容所、ロムの家に | トップページ | 移民問題とEUの規定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/41235988

この記事へのトラックバック一覧です: 不法滞在者、一斉検挙:

« パウンドのいた収容所、ロムの家に | トップページ | 移民問題とEUの規定 »