« イタリアとフランスの愛憎いりまじる関係 | トップページ | イスラム教徒の人数、カトリックを抜く »

2008年4月 1日 (火)

時間銀行の利用者増える

Banca_del_tempo イタリアで時間銀行の利用者が増加している(3月30日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

時間銀行というのは、自分のできることを、誰かにしてあげると、その時間を貯蓄するという仕組みである。

もともとは、カナダで1983年にできた。

イタリアでは、1992年パルマで生まれた。

時間銀行全国連盟の会長マリア・ルイーザ・ペトルッチによると、「イギリスや、ドイツでも、時間銀行は、市場の論理のなかに存在しています。イタリアのオリジナリティは、1時間は1時間に相当し、どんな仕事やサービスかは関係ないということです」

イタリアには時間銀行が200あり、各ぎんこうは平均100人の利用者がいる。1990年代には男女比が女性90%、男性10%であったが、現在は女性66%、男性34%となっている。

時間銀行が多いのは、ミラノが41。ローマは26で、コムーネ(ローマ市)が10万ユーロを補助しており、7500人の登録者がいる。35歳から55歳の人が多い。

リミニにも4つの時間銀行があるが、市が5000ユーロを補助し、エミリア・ロマーニャ州が各銀行に800ユーロずつ補助している。

世代の異なる人が、出会う場ともなっており、年配の女性がボタンつけや裾上げを教えたり、子供の面倒をみたり、若い人がコンピュータを教え、移民が外国語を教えるといった相互交換の場となっている。

|

« イタリアとフランスの愛憎いりまじる関係 | トップページ | イスラム教徒の人数、カトリックを抜く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40715317

この記事へのトラックバック一覧です: 時間銀行の利用者増える:

« イタリアとフランスの愛憎いりまじる関係 | トップページ | イスラム教徒の人数、カトリックを抜く »