« 未決定者、多くが棄権か? | トップページ | ドラーギ総裁:危機は終わっていない »

2008年4月14日 (月)

投票所、携帯持ち込み禁止

Cellulare20hp_0 今回の総選挙では、投票ブースへの携帯電話の持ち込みが禁止された(4月13日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

これはカメラ付き携帯で自分の投票を撮影することを防ぐという意味がある。つまり、票の売買に、携帯のカメラが利用されるのを防ぐねらいがある。ただし、そのチェックは難しい。

各投票所には、携帯持ち込み不可の通知の掲示が義務づけられる。厳密にいうと携帯および撮影機能のある器具の持ち込みが禁止されている。

これに違反したことが明らかになった場合、投票所の選挙管理委員会の委員長は警察またはカラビニエーリを呼び、告発が開始される。300ユーロから1000ユーロの罰金または3ヶ月から6ヶ月収監されるおそれがある。

|

« 未決定者、多くが棄権か? | トップページ | ドラーギ総裁:危機は終わっていない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40875247

この記事へのトラックバック一覧です: 投票所、携帯持ち込み禁止:

« 未決定者、多くが棄権か? | トップページ | ドラーギ総裁:危機は終わっていない »