« プローディ民主党議長を辞任 | トップページ | 教皇、渡米 »

2008年4月17日 (木)

ローマ市長選、票の奪い合い

Pacifici ローマ市長選は、4月27日、28日に決戦投票が実施されるが、中道右派、中道左派ともに必死の票の奪いあいが始まった(4月17日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

第一回投票で、中道左派のルテッリは45,7%、アレマンノは40,7%の得票率だった。右派のストラーチェは得票率3%であったが、アレマンノ支持にまわった。この動きに対し、ローマのユダヤ人共同体の新会長、リッカルド・パチフィチ(写真)は、ファシズムにノスタルジアを感じている勢力をとりこもうとする動きに対してノーをつきつけた。

また、ローマは上院では3,3%、下院では4,1%の票をUdc(Unione di Centro)が獲得しており、両陣営とも、カジーニをはじめとするUdcの取り込みに動き出した。

|

« プローディ民主党議長を辞任 | トップページ | 教皇、渡米 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40909508

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ市長選、票の奪い合い:

« プローディ民主党議長を辞任 | トップページ | 教皇、渡米 »