« ドラーギ総裁:危機は終わっていない | トップページ | 総選挙、出口調査速報 »

2008年4月14日 (月)

投票率、4%下がる

Seggi_el140x1804月13日、14日に投票が実施される総選挙で、13日の投票率は2006年の総選挙とくらべ4ポイント低かった(4月14日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

4月13日22時の時点での投票率(暫定的数字)は、62,54%。2006年の総選挙の時の同時点の投票率は66,53%であった。したがって、今回は、今のところ4ポイント投票率が低い。2006年の場合は、二日目の投票をあわせると、最終的投票率は83,6%であった。

全国的に天候は良かった。

組織的な棄権の動きも一部に見られた。パレルモではある市民グループが上院、下院の投票用紙受け取りを拒否し、州議会の投票のみをした。

カンパーニャ州のマリリアーノではゴミ処理上の開設に反対して600人が投票を拒否した。

(写真は、携帯電話や撮影機器の投票ブースへの持ち込みを禁じた通告書)

|

« ドラーギ総裁:危機は終わっていない | トップページ | 総選挙、出口調査速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40879659

この記事へのトラックバック一覧です: 投票率、4%下がる:

« ドラーギ総裁:危機は終わっていない | トップページ | 総選挙、出口調査速報 »