« 南部から北部への移民 | トップページ | アリタリア、リグレスティ登場 »

2008年4月25日 (金)

中絶数減る

Aborti イタリアの中絶数が、年間3%減った(4月23日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

中絶数は、2006年の13万1018件から、2007年の12万7038件へと3%減少した。

それと同時に問題となっているのが、良心的拒否者(obiettore di coscienza) が増えていることだ。

各職種での、中絶手術拒否者の比率は次の通り。

婦人科医
2003年 58,7%
2007年 69,2%

麻酔専門医
2003年 45,7%
2007年 50,4%

医師以外の担当者
2003年 38,6%
2007年 42,6%

上の数字は全国平均であり、州によってはもっと高くなる。バジリカータは90%、カンパーニャ州も44,1%から83%にあがった。シチリア州も44,1%から84,2%にあがった。

移民の女性では中絶数が4,5%増えている。

|

« 南部から北部への移民 | トップページ | アリタリア、リグレスティ登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40985697

この記事へのトラックバック一覧です: 中絶数減る:

« 南部から北部への移民 | トップページ | アリタリア、リグレスティ登場 »