« 固定資産税が廃止されると、市町村の財源はどうなるのか? | トップページ | プローディ民主党議長を辞任 »

2008年4月17日 (木)

落選した有名議員

Pecoraro_scanio Luxuria2 Santanche   今回の総選挙で、多くの有名議員が落選した(4月15,16日、コッリエーレ・デッラ・セーラなど)。

ベルティノッティをはじめとする急進左派のリーダーは皆、姿を消した。その中には緑の党のペコラーロ・スカーニョ(環境大臣、写真上)も含まれる。

また、再建共産党から下院議員になった初のトランスジェンダー議員ルクスリア(写真中)は、最初は疑いのまなざしで見られていたものの、やがて左右両派から評価されるようになっていた。

また右派ではダニエラ・サンタンケ(写真下)、ストラーチェなどが沈没した。

社会党のボゼッリ、Arcigay 名誉会長のフランコ・グリッリーニ、グローバル化反対の急先鋒フランチェスコ・カルーソ、大ベテランのチリアコ・デ・ミータも民主党からUdcへと移ったが姿を消した。

|

« 固定資産税が廃止されると、市町村の財源はどうなるのか? | トップページ | プローディ民主党議長を辞任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40906904

この記事へのトラックバック一覧です: 落選した有名議員:

« 固定資産税が廃止されると、市町村の財源はどうなるのか? | トップページ | プローディ民主党議長を辞任 »