« 南部では、周辺部でPdlの票がのびた | トップページ | ベルルスコーニ、アエロフロートとも交渉 »

2008年4月19日 (土)

票の流動の分析

Walt_181541180x140 コッリエーレ・デッラ・セーラ紙に票の流動の分析が掲載されている(4月16日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

この分析は Renato Mannheimer によるので、彼はミラノ・ビコッカ大の社会学(世論調査分析)の教授で、Raiのテレビ討論番組ポルタ・ア・ポルタに協力している。

以下、Renato Mannheimer による分析(の要約)である。

日曜日と月曜日の有権者の行動には2つの傾向が見られる。それによってこれまでの政治体制が転覆したとも考えられ、「第三共和制」の始まりと考える人もいる。

1)二極化、すなわち少数の政党への票の集中は、下院・上院をよりよく機能させると考えられる。この現象は、ヴェルトローニおよびベルルスコーニにより与えられた選択肢や、選挙法で規定された議員を得るための最低得票率という規制や、とりわけ、有権者の選択によってなされた。

この傾向の最大の犠牲者は、急進左派である。現在の調査段階によると、前回2006年、急進左派に投票した人の半数以下しかベルティノッティが新たに形成したアルコバレーノに投票していない。残りの半数以上は、いわゆる「有効な」投票をしたり、過去においてプローディ政権の政策遂行を、何らかの形で、さまたげたことを「罰する」行動にでたのである。

多くの問題や決定に対して、急進左派がとった「ノー」は、有権者から評価されなかった。かつて急進左派に投票した人でかなりの割合の人が棄権に転じてもいる。また、異なったグループの急進性を選択し、北部同盟やディ・ピエトロ(Idv)に投じた人もいる。

シニストラ・アルコバレーノ(左の虹)の敗退からもっとも利益をえたのは民主党である。が、民主党は、2006年に得た票の一部をUdcに奪われている。Udcは中身がかなり入れ替わっている。現在の投票者で前回も同党に入れていた人は3分の2にすぎないのだ。

2)急進化(radicalizzazione).最初のコメントではあまり出てこなかったが、結果には強く出ている。中道右派も中道左派も、連立したラディカルな相手、北部同盟とIdvが獲得票を大きくのばしているのだ。北部同盟の躍進は従来の右・左の対置からはずれた有権者がでてきたことを示している。北部同盟の「横断的な」投票者たちは、自分たちを「中道」と表現したりするのである。また、階級的にもさまざまな階層からなっているーー工場労働者、企業家、主婦、失業者。

要するに、イタリアの政治システムは突如として、ほとんど革命的に変わったのである。単純化し、ラディカルな勢力が増え、特に地域政党(北部同盟のこと)が成功をおさめた結果、この国第三の政党になったのである。

|

« 南部では、周辺部でPdlの票がのびた | トップページ | ベルルスコーニ、アエロフロートとも交渉 »

コメント

はじめまして、イタ近と申します。
ずいぶん前からリンクをさせていただいていたのですが、
挨拶するのを失念しておりました。どうもすみません。

ぜひ質問させていただきたいのですが、
今回の北部同盟の議席伸張に驚いたのですが、
マルペンサ空港の問題の影響は
どのくらいあったとみれるのでしょうか。
かなり単純な見立てにはなりますが、
それまでのウンベルト・ボッシの言動や姿を見ると
表面化で北部同盟への流れがあったかどうか
少し疑問に思っています。
正直、もう「終わった」と思ってましたし、
同居人や知り合いも同様に言ってました。

ぜひよろしくお願いいたします。

投稿: イタ近 | 2008年5月 3日 (土) 16時12分

イタ近さん

リンクありがとうございます。
断言は出来ませんが、今回の北部同盟の票の伸びはずいぶんと新聞、テレビの討論番組でも話題になりましたが、マルペンサが直接原因になったという議論は目立った形ではなかったと思います。

ミラノ・マルペンサ空港の問題は、ご承知の通り、アリタリアの売却と絡んでいます。アリタリアをどう再建するかという過程で、たとえば、ハブ空港はローマ・フィウミチーノ空港だけにするとか、貨物はやめるとか、いう案が出てきたわけです(それもどうなるかは、今後次第ですが)。

北部同盟のボッシは、アリタリアのエール・フランスへの売却は仕方がないという立場でしたので、レーガ(北部同盟)が、その点を特に衝いたとは考えにくいです。

ただし、北部の人が、マルペンサの機能縮小に反発し、プローディ政権に反感をもったことが投票行動に反映された、というのは考えられるシナリオです。その場合、投票を決めるのにあたって重視したのは何でしたか、というような世論調査(複数回答の形の)が欲しいところですね。

投稿: panterino | 2008年5月 5日 (月) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40927721

この記事へのトラックバック一覧です: 票の流動の分析:

« 南部では、周辺部でPdlの票がのびた | トップページ | ベルルスコーニ、アエロフロートとも交渉 »