« 落選した有名議員 | トップページ | ローマ市長選、票の奪い合い »

2008年4月17日 (木)

プローディ民主党議長を辞任

Prodi01g_3 プローディは民主党議長を辞任する意向を明らかにした(4月17日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

ニューヨークで国連のアフリカ関係の首脳会議に出席していたロマーノ・プローディは民主党の議長職を辞任する意向を記者団に明らかにした。

首相は、友人たちには、「私の時代は終わった。私は二度、ベルルスコーニを破ったが、二度とも、最後まで政策をなしとげることが出来なかった。もう十分だ。あとは新たな人たちが前にすすめばよい」ともらした。

プローディは、すでにヴェルトローニには手紙で辞任の意向を伝えているという。「手紙は復活祭の日に書いた。選挙キャンペーンや選挙結果と関連づけられないために」と説明している。

プローディは民主党を作る構想をずっと温めてきただけに、ヴェルトローニとの断絶を選挙の失敗に結びつける人もいる。

首相は、今は数ヶ月の休暇が待ち遠しい、20年間待ち続けたのだから、と語った。

|

« 落選した有名議員 | トップページ | ローマ市長選、票の奪い合い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40908902

この記事へのトラックバック一覧です: プローディ民主党議長を辞任:

« 落選した有名議員 | トップページ | ローマ市長選、票の奪い合い »