« モッツァレッラ、EUが安全性認める | トップページ | 時間銀行の利用者増える »

2008年3月30日 (日)

イタリアとフランスの愛憎いりまじる関係

250pxmazarinmignard イタリアとフランスは、昔から愛憎入り交じった関係であった(3月29日、コッリエーレ・デッラ・セーラ)。

17世紀にはマザリーノ(フランスではマザラン、1602-1661)(写真)が、イタリア出身の枢機卿でありながら、リシュリューのあと宰相となった。リシュリュー自身が、マザリーノの外向的手腕を評価して後継者としたのである。

愛憎のうち、憎をあらわにしたのはヴィットリオ・アルフィエーリ(1749-1803)で、Misogallo という本の中で、フランス革命への嫌悪を表明した。

愛憎という単純な言葉では語りきれないのが、カミッロ・ベンソ・ディ・カヴールである。たしかに、親仏派なのだが、ピエモンテの常で、すくなくとも他の二つの国とも同時にかけひきをしている。さらに、カヴールは臆することなく、自分の従姉妹カスティリオーネ伯爵夫人をナポレオン三世に差し出して彼の愛人とし、フランスを反オーストリア同盟に引き入れることに成功した。カスティリオーネ伯爵夫人は紫がかった目の、美しい女性であったという。

フランス人にこのうえなく嫌われた首相は、フランチェスコ・クリスピで、彼は1887年、フランスとの貿易戦争を開始したのだった。『ヨーロッパの歴史』の著者ジュゼッペ・ガラッソによれば、クリスピは、「イタリアのビスマルクになりたかったが、すべての計算を誤ったーーちょうど、1930年代のムッソリーニと同様に」

今、生じているのは、カルラ・ブルーニ(サルコジ・フランス大統領の夫人でイタリア出身)をめぐる毀誉褒貶である。

|

« モッツァレッラ、EUが安全性認める | トップページ | 時間銀行の利用者増える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40685847

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアとフランスの愛憎いりまじる関係:

« モッツァレッラ、EUが安全性認める | トップページ | 時間銀行の利用者増える »