« 日本政府、ネグリにヴィザ発給を拒否 | トップページ | 復活祭前夜に、教皇が改宗者の洗礼 »

2008年3月24日 (月)

オーカのカピターノ、死去

Foffocchiali オーカのカピターノが亡くなった(3月20日、コッリエーレ・ディ・シエナ)。

シエナのオーカ地区のカピターノ(パリオにおける地区の最高責任者)、ロドルフォ・モンティジャーニが亡くなった。通称フォッフォ。59歳だった。

カピターノとしては、2007年7月のパリオに優勝している。

1948年8月16日に生まれた。以下、フォッフォのコントラーダでの経歴。1969年にはソチエタ(地区の集会場)の会計係、1970年代には、騎手の警護人。1972年にはバルバレスコ(馬の世話係)となる。

1980年副官(マンジーノ、カピターノの補佐をする)となり、コントラーダの幹部となり、1988年までつとめる。この時期、オーカ地区のカピターノはアルジェロ・バーニであった。1994年再び副官となり、2000年までつとめる。この時期、パリオで三度の優勝を味わう。そしてカピターノになったのである。

葬儀は、コントラーダの礼拝所で執り行われる。

(この記事から新たなカテゴリー、「シエナ/パリオ」を設けました。きわめてローカルなニュースを不定期にお届けしますーー管理人)

|

« 日本政府、ネグリにヴィザ発給を拒否 | トップページ | 復活祭前夜に、教皇が改宗者の洗礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40617766

この記事へのトラックバック一覧です: オーカのカピターノ、死去:

« 日本政府、ネグリにヴィザ発給を拒否 | トップページ | 復活祭前夜に、教皇が改宗者の洗礼 »