« ファミリア・クリスティアーナ、ベルルスコーニを批判 | トップページ | イタリア人、歩きが増える »

2008年3月 7日 (金)

補習授業の混乱

Corsi_di_recupero 補習授業を受けるべき生徒が200万人にのぼるが、そのための資源がなく混乱は必至である(3月6日、レプッブリカ)。

1月31日に、イタリアの学校の最初の4ヶ月が終わり、成績が出た。

1科目でも不可がついた生徒は200万人にものぼり、その生徒たちのための補習授業を組むことが必要であるが、十分な資源がなく、混乱は必至とされている。

いまだ正式な数字ではないが、10人に7人が補習授業を少なくとも1つは受けねばならないようだ。

科目別にみると、特に不可が多いのは数学である。

|

« ファミリア・クリスティアーナ、ベルルスコーニを批判 | トップページ | イタリア人、歩きが増える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40406049

この記事へのトラックバック一覧です: 補習授業の混乱:

« ファミリア・クリスティアーナ、ベルルスコーニを批判 | トップページ | イタリア人、歩きが増える »