« ヴェルトローニ、40歳以下の候補者をリクルート | トップページ | ヴェルトローニの政治プログラム »

2008年2月16日 (土)

急進党、民主党と連合の用意

Ansa_12252003_24010
急進党(radicali)のエンマ・ボニーノは、民主党と提携の用意があると語った(2月16日、レプッブリカ)。

急進党は、もともと離婚法廃止か否かの1974年の国民投票で、離婚法賛成の立場の最前線にいて、勝利を収めた。

また、つねに女性の中絶を選択する権利には賛成である。

ボニーノは、ディ・ピエトロの Italia dei Valori が民主党と結んだような協定を結ぶ用意があるとして、国会内では統一会派を組むことも可能だとしている。さらに、しかるべき手続きをへれば、急進党を解散して民主党に合流することもあり得ないことではないとしている。

|

« ヴェルトローニ、40歳以下の候補者をリクルート | トップページ | ヴェルトローニの政治プログラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40148386

この記事へのトラックバック一覧です: 急進党、民主党と連合の用意:

« ヴェルトローニ、40歳以下の候補者をリクルート | トップページ | ヴェルトローニの政治プログラム »