« 15歳以下の児童の労働 | トップページ | 日用品の物価4、8%上昇 »

2008年2月23日 (土)

マルペンサ空港に11の航空会社が立候補

1281870491_56da8c2e78_m
ミラノ・マルペンサ空港のアリタリア航空の後継者をめぐって、11のイタリア内外の航空会社が手をあげている(2月23日、レプッブリカ)。

3月から、マルペンサ空港を使用するアリタリアの便数が減るので、空きができる。その空きをめぐって11の航空会社が手をあげている。

しかし、割当を割り振る前に、州の意向を聞かねばならないので、そこでストップしている。

ルフトハンザ航空は、ミラノとフランクフルト往復およびミラノとミュンヘン往復を申し込んでいる。スイス航空は、チューリッヒとの往復、ギリシアのオリンピック航空は、アテネとの往復を申し込んでいる。

その他、ブリュッセル航空、KLM 航空、トルコ航空などからも申し込みが来ている。

マルペンサ空港を運営する会社 Sea は、2008年度、300万から400万ユーロの赤字を見込んでいる。大陸間の便数は180本から40本に減り、ヨーロッパ間の便数は、730本から200本に減り、国内便は330本から105本に減るからだ。合計では、1240便から350便へと70%の減少となる。

|

« 15歳以下の児童の労働 | トップページ | 日用品の物価4、8%上昇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40237180

この記事へのトラックバック一覧です: マルペンサ空港に11の航空会社が立候補:

« 15歳以下の児童の労働 | トップページ | 日用品の物価4、8%上昇 »