« ンドランゲタの大ボス、逮捕される | トップページ | 召命の危機 »

2008年2月20日 (水)

有力議員の勇退

Demita2006
民主党は、原則として議員立候補者を、3期までの人に限る(2月20日、レプッブリカ)。

選挙から解散までを立法期間(legislatura)というが、立法期間を3期までを原則にしたのである。適用除外は、28から30人にとどめる。

有力な議員のうち、プローディ首相、ジュリアーノ・アマート、ルチャーノ・ヴィオランテが、立候補しないことを表明している。

しかし有力議員の中には、勇退の表明をしていない人も少なからずいる。ヴィンチェンツォ・ヴィスコ(7期)、セルジョ・マッタレッラ(7期)、ヴァレリオ・ザノーネ(6期)などなど。

女性議員はもともと数が少ないので、上のルールの適用は最大限柔軟になる。民主党としては女性議員を最低33%にしたいとしている。たとえば、ピエロ・ファッシーノの夫人アンナ・セラフィーニ(5期)がそれに相当する。

ヴェルトローニにとって最も厄介なのは、チリアコ・デ・ミータである。デ・ミータは11期つとめており、ヴェルトローニの論理にしたがえば、後進に道を譲るべきなのだ。

デ・ミータの側では「白いバラ」(新たに結成されつつある中道派)と接触しており、民主党を出て、こちらに合流する可能性も示唆している。

2006年の選挙で選ばれた282人のうち、3期以内の人は215人である。

|

« ンドランゲタの大ボス、逮捕される | トップページ | 召命の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/40200039

この記事へのトラックバック一覧です: 有力議員の勇退:

« ンドランゲタの大ボス、逮捕される | トップページ | 召命の危機 »